読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MDB2でデータを表示するのにページを分割して表示する

つまりは

前へ ...5 6 7 8 9 10 11... 次へ 6/24ページ目

みたいなものを表示したかったので作ってみた。上記であれば5または11をクリックするとナビゲーションの表示が切り替わる。「前へ」や「次へ」は単純に次のページなり前のページなりへ遷移。現在のページ情報はGETで送信しています。一部抜粋*1です。

まずは設定。

<?php
# conf.php
# ページナビゲーションの最大表示ページ数を設定

define('PAGE_LIMIT', 5);
?>

データベースの操作。
総数と1ページ分のデータを取得するのに2回もクエリを発行するのが、なんかこれでよいのか?と疑問。誰かつっこみください。

<?php
# model.php
# データベースへのアクセス
# データ取得時に該当データの総件数と1ページ分のデータを取得

require_once('MDB2.php');

// エラーハンドラ
function my_error() {
  print('DBアクセスエラーが発生しました.管理者にお問い合わせ下さい.');
  exit;
}

class model {
  protected $db;	// DBクラスオブジェクト
  
  // コンストラクタ
  function __construct() {
    $con =& MDB2::connect(DSN);	// DBへ接続

    if (PEAR::isError($con)) die($con->getMessage());
    $con->setErrorHandling(PEAR_ERROR_CALLBACK, 'var_dump');
    $this->db = $con;
  }
  // データ一覧の取得
  function get_datas($page, $limit) {
    $result = array('page' => $page);
    $res = $this->db->query('SELECT * FROM table ORDER BY update DESC');
    $result['numrows'] = $res->numRows(); 
    $this->db->setLimit($limit, ($page-1)*$limit);
    $res = $this->db->query('SELECT * FROM table ORDER BY update DESC');
    $result['rows'] = $res->fetchAll(MDB2_FETCHMODE_ASSOC);
    $res->free();
    return $result;
  }
  
  // データ一覧の取得(プリペアドステートメントを使用)
  function get_datas_by_id($id, $page, $limit) {
    $result = array('page' => $page);
    $types = array('text');
    $data = array('id' => $id);
    $sth = $this->db->prepare('SELECT * FROM table WHERE id = :id ORDER BY update DESC', $types);
    $res = $sth->execute($data);
    $result['numrows'] = $res->numRows();
    $this->db->setLimit($limit, ($page-1)*$limit);
    $sth = $this->db->prepare('SELECT * FROM postdata WHERE id = :id ORDER BY update DESC', $types);
    $res = $sth->execute($data);
    $result['rows'] = $res->fetchAll(MDB2_FETCHMODE_ASSOC);
    $sth->free();
    $res->free();
    return $result;
  }
}
?>

表示にはSmartyを使用しています。

<!--
  page_navi.tpl
  ページナビゲーション
-->
<div id="page_navi">
{if $navi.before}<a href="{$uri}&page={$navi.page-1}">前へ</a>{/if}
{if $navi.page_before}...<a href="{$uri}&page={$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT}">{$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT}</a>{/if}
{section name=i start=1 loop=$navi.loop+1}
  {if $navi.position === $smarty.section.i.index}
    {$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT+$smarty.section.i.index}
  {else}
    <a href="{$uri}&page={$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT+$smarty.section.i.index}">{$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT+$smarty.section.i.index}</a>
  {/if}
{/section}
{if $navi.page_next}<a href="{$uri}&page={$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT+6}">{$navi.block*$smarty.const.PAGE_LIMIT+6}</a>...{/if}
{if $navi.next}<a href="{$uri}&page={$navi.page+1}">次へ</a>{/if}
{$navi.page}/{$navi.num_page}ページ目
</div>

*1:コントローラー部分とSmartyへのアサイン処理とかは省略しました。